会長挨拶

昨年度は青森剣道界の若い力が、全国に向けて爆発した年度でした。特筆すべきは一昨年度に続く東奥義塾高校女子の活躍です。


全国大会において団体戦で優勝、個人戦においては優勝と準優勝という輝かしい実績を残されました。また、五所川原第一高等学校、青森北高等学校、八戸ウルスラ学院高等学校の皆さんの県大会や東北大会に於ける活躍には目を見張るものがありました。
青森国体を控え、この実績は後に続く人たちに大きな力を与えたものと大変誇らしく思っております。感動をありがとうございました。


ここを出発点として更なる輝かしい将来を目指してしっかりと人生を歩み続けてほしいと願っています。真っすぐな志、多様な創造性そして物事をいとおしむ感性を存分に育てて欲しいと思います。


さて平成29年度の青森県剣道連盟の目標として、まず第一に剣道人口の増加を目指したいと考えています。より多くの仲間達と共に武道教育を学び、人間形成の道を歩みたいのです。そこで以下の3点について注力したいと思っています。


1.未だ剣道経験のない少年たちには、心の教育を基本とした剣道の厳しさと楽しさを教え、より良い友人兄弟たちと困難に立ち向かう、強い心を学ばせたいと思います。


2.社会に出て剣道界から遠ざかったお父さん、お母さんの年代の方々には、しがらみをすべて取り払い、一心不乱に竹刀を振るう貴重な時間を共有したいと思います。


3.人生に一区切りをつけた高・壮年者の方々には、体力ではなく精神力を発揮できるような剣道を学んでいただき、溌溂とした第2の青春を過ごせるよう目指していただきたいと思います。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。平成29年度も皆様方の日ごろの修錬が、実り多い結果として現れますように共に歩んで参りたいと思います。


平成29年度を迎え、ご挨拶申し上げます。


平成29年4月吉日